久米島紬(読み)クメジマツムギ

世界大百科事典 第2版の解説

くめじまつむぎ【久米島紬】

絹織物の一種。着尺用で沖縄県久米島産。江戸時代,1637年(寛永14)薩摩藩の属国となった琉球国が貢納布として久米島で織りはじめ,琉球紬といわれた。平織経糸を絹,緯糸を真綿手紡糸で織ったものと,経緯とも真綿手紡糸使用のものがある。黒褐色,赤茶を主に黄,うぐいす色,灰色を組み合わせ,絣が多く,縞もある。島産のテカチ(シャリンバイ)やグール(サルトリイバラ),ヤマモモなど植物染料と泥染の手法を用い,高機たかはた)で織って砧(きぬた)打ちの仕上げをする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android