コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乙子の朔日 オトゴノツイタチ

デジタル大辞泉の解説

おとご‐の‐ついたち【乙子の朔日】

陰暦12月1日。この日、餅をついて食べると、水難を免れるという。 冬》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おとごのついたち【乙子の朔日】

12月1日のこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の乙子の朔日の言及

【川浸り】より

…12月1日のこと。〈川浸りの朔日(ついたち)〉とか一年最後の朔日という意味で〈乙子(おとご)の朔日〉ともいう。この日,餅やだんごをつくり川へ投げ入れる習慣は広く全国にわたっていた。…

※「乙子の朔日」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

乙子の朔日の関連キーワード乙子の祝い乙子の餅

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android