水難(読み)すいなん

精選版 日本国語大辞典「水難」の解説

すい‐なん【水難】

〘名〙 による災難。洪水、難船、沈没、漂流、溺死など、水を原因とする災難。水厄。
※法華義疏(7C前)四「有七難、一火難、二水難、三風難、四被害難、五羅刹難、六杻械難、七急賊難」
※半七捕物帳(1923)〈岡本綺堂〉帯取の池「方々の卜者(うらなひ)にみて貰ったら、剣難があるの、水難(スヰナン)があるのと云はれたさうで」 〔韓非子‐喩老〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「水難」の解説

すい‐なん【水難】

水による災難。洪水・溺死できし・難船など。水禍。「水難にあう」
[類語]水害海難災い災害災難被害禍害惨害惨禍災禍被災天変地異天災人災地変風害風水害冷害霜害雪害干害渇水旱魃水涸れ病虫害虫害煙害公害薬害災厄凶事禍根舌禍筆禍試練危難国難水禍海難受難遭難罹災貧乏くじ馬鹿を見る弱り目にたたり目泣き面に蜂

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「水難」の解説

【水難】すいなん

水災

字通「水」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android