コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九五式魚雷 きゅうごしきぎょらい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九五式魚雷
きゅうごしきぎょらい

1935年制式兵器として採用された旧日本海軍の潜水艦用魚雷。主要目は,全長 7.1m,直径 53cm,重量 1600kg,射程速度 49knで 9000m,速度 42knで1万 5000m,炸薬量 380kg。水上艦用の九三式魚雷に次いで開発された酸素を酸化剤とする魚雷で,高速の高性能魚雷であった。第2次世界大戦終了まで,連合国側にはこれに匹敵する性能の魚雷は出現しなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

九五式魚雷の関連キーワード酸素魚雷

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android