コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九三式魚雷 きゅうさんしきぎょらい

1件 の用語解説(九三式魚雷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九三式魚雷
きゅうさんしきぎょらい

1933年制式兵器として採用された旧日本海軍の巡洋艦および駆逐艦用魚雷。燃料の酸化剤に酸素を使用していたので酸素魚雷と呼ばれた。イギリスアメリカその他の魚雷に比べ格段に高性能で,第2次世界大戦終了までこれに匹敵する魚雷は出現しなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

九三式魚雷の関連キーワード有坂成章宇宙兵器下瀬火薬遺棄化学兵器核戦争制式単位制婦人警察官準拠楕円体中国での遺棄化学兵器処理事業

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

九三式魚雷の関連情報