コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九木岬 くきさき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九木岬
くきさき

三重県南部,尾鷲市東部,熊野灘にのぞむリアス海岸の岬の1つ。先端は高さ 100mをこえる絶壁で,その上に約 150haにわたって亜熱帯性植物の原生林 (その一部九木神社樹叢は天然記念物) が広がる。タブノキタイミンタチバナウバメガシスダジイなどの巨木におおわれ,その下にはリュウビンタイ,キクシノブなどのシダ植物が群生。亜熱帯性植物群落の宝庫である。岬の周辺は磯釣り場として知られる。吉野熊野国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android