九条 武子(読み)クジョウ タケコ

20世紀日本人名事典の解説

九条 武子
クジョウ タケコ

大正期の歌人,社会事業家 仏教婦人会本部長;六華園園長。



生年
明治20(1887)年10月20日

没年
昭和3(1928)年2月7日

出生地
京都

経歴
京都・西本願寺大谷家に生まれ、17歳で本願寺派仏教婦人会の創設に尽力。明治42年男爵九条良致と結婚し、共にロンドンへ行くが、翌年別居し、単身帰国する。44年仏教婦人会本部長となり、各地を巡回宗門の女学校創設や京都女子大学設立運動の中心的存在として女子教育の促進に努めた。また巡回のかたわら、大正15年には保護少女教育感化施設“六華園”を設立し、初代園長に就任。一方、4年佐佐木信綱を知り、5年から竹柏会心の花」同人として歌作才色兼備歌人として知られた。9年「金鈴」を刊行。以後「薫染」「白孔雀」、歌文集「無憂華」、戯曲「洛北の秋」を刊行。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

九条 武子 (くじょう たけこ)

生年月日:1887年10月20日
大正時代の歌人
1928年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

九条 武子の関連情報