薫染(読み)クンセン

デジタル大辞泉の解説

くん‐せん【薫染】

[名](スル)《香気が他に染み込むところから》よい感化を受けること。また、与えること。「良き先輩の薫染をこうむる」
「五年を独逸(ドイツ)に―せし学者風を喜び」〈紅葉金色夜叉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くんせん【薫染】

( 名 ) スル
香気が移り、しみこむこと。
よい感化を受けること。また、与えること。 「五年を独逸ドイツに-せし学者風を喜び/金色夜叉 紅葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くん‐せん【薫染】

〘名〙 香気がうつりしみること。転じて、よい感化を受けること。
※随筆・山中人饒舌(1813)上「文運漸隆、為其所薫染鎔化、大有解悟
※欧米印象記(1910)〈中村春雨〉加州雑記「国民的気風に(クンセン)せしめるのは容易な事業でない」 〔梁昭明太子‐講席将畢詩〕

たき‐し・める【薫染】

〘他マ下一〙 たきし・む 〘他マ下二〙 香(こう)をたいて、そのかおりを物にしみこませる。たきしめらかす。
※枕(10C終)二三一「よくたきしめたる薫物(たきもの)の、〈略〉煙の残りたるは、ただいまの香よりもめでたし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android