コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洛北 らくほく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洛北
らくほく

京都市の北部をさす通称平安京という意で,洛南に対する。その範囲は明確ではないが,一般には北大路以北の修学院上賀茂鷹ヶ峰岩倉八瀬大原鞍馬比叡山などをさすことが多い。近郊農村から市街地化した住宅地区に変貌している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

らく‐ほく【×洛北】

都の北。京都の北郊

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

らくほく【洛北】

みやこの北。京都の北の郊外。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

洛北の関連キーワード喜多川 孝経柴漬(漬物)内貴 清兵衛谷角日娑春好色一代女大原・小原本阿弥光悦後水尾天皇内貴清兵衛喜多川俵二土蜘蛛草子岩倉保養所毘沙門堂大原談義北畠雅家勾当内侍坂田好弘愛宕神社大内義弘九条武子

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

洛北の関連情報