コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九歌図 きゅうかず Jiǔ gē tú

1件 の用語解説(九歌図の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうかず【九歌図 Jiǔ gē tú】

中国画の画題。〈九歌〉は紀元前3世紀楚の屈原が憂国の激情を託して歌ったという《楚辞》の中のもっとも古くもっとも難解と評せられる歌辞。東皇太一・雲中君・湘君・湘夫人・大司命・少司命・東君・河伯・山鬼・国殤(こくしよう)・礼魂の11編から成る。図は(1)詞章に忠実に神々の集団や祭祀のさまを描くもの,(2)1ないし2人の神鬼の白描画,(3)両者の中間ともいえる彩色人物画,版本挿図の3種に分類できる。中国の古典の絵解きに多様な図柄の伝えられるほとんど唯一の例である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

九歌図の関連キーワード垓下ピタゴラス学派紀元前四清アマサスコリント遺跡Πέλλα翎毛画アリカンダ天干

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

九歌図の関連情報