コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九歌図 きゅうかずJiǔ gē tú

1件 の用語解説(九歌図の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうかず【九歌図 Jiǔ gē tú】

中国画の画題。〈九歌〉は紀元前3世紀楚の屈原が憂国の激情を託して歌ったという《楚辞》の中のもっとも古くもっとも難解と評せられる歌辞。東皇太一・雲中君・湘君・湘夫人・大司命・少司命・東君・河伯・山鬼・国殤(こくしよう)・礼魂の11編から成る。図は(1)詞章に忠実に神々の集団や祭祀のさまを描くもの,(2)1ないし2人の神鬼の白描画,(3)両者の中間ともいえる彩色人物画,版本挿図の3種に分類できる。中国の古典の絵解きに多様な図柄の伝えられるほとんど唯一の例である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

九歌図の関連情報