コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌辞 カサkasa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歌辞
カサ
kasa

朝鮮,李朝初期に発生した詩歌の一形式。三四調,あるいは四四調の連続体。韻文形式のなかに散文的内容を含んでいる。高麗歌謡景幾体歌の分節体形式がくずれながら連続体に発展したものと推定される。 15世紀,成宗年間に出た丁克仁の『賞春曲』で最初の整斉された形態をみることができ,16世紀に鄭てつ (ていてつ) によって大成された。歌辞の歴史は,李朝初期のヤンバン (両班) 歌辞が中心であった第1期,李朝後期の平民歌辞が支配的であった第2期,開化期歌辞が現われ,前代歌辞の残存がこれと並行した第3期に分けることができる。最も芸術性に富んでいるのは鄭てつの作品といわれる。

歌辞
かじ

歌辞」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かじ【歌辞】

朝鮮の伝統的な歌謡形式の一つ。歌Kasa(朝鮮語では歌辞も同音)とも書き,長歌ともいう。郷歌における第1・第2句,6・6(3・3,3・3)を作者の好みによってほとんど無制限に延ばして歌い(句は3・4,4・4などにもなりえる),終末に至っては郷歌の第3句,3・5~9・6を添尾して完結させる歌形である。無制限に詩想を盛ることができるところから,長歌とも呼ばれた。これは《万葉集》の中の〈長歌〉の形式(5・7,5・7……5・7・7)と酷似している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歌辞
かじ / カサ

朝鮮詩歌の一形態。李(り)朝初期に発生した。韻文形式に散文的な内容を盛ったもので、三・四調または四・四調の音律で延々と続くのが特徴。歌辞の最初の作品は丁克仁(ていこくじん)(1401―81)の『賞春曲』だといわれている。作者が晩年、郷里の泰仁で春の景色を詠んだもの。それまでの詩歌が漢詩まがいのものであったのに対して、『賞春曲』は流麗な朝鮮語と漢文調とがみごとに調和したもので、格調の高い詩形となった。『賞春曲』によって形式が定着した歌辞文学はその後鄭(ていてつ)によって大成した。金剛山や関東八景を遊覧しながらその地方の風景や風俗、故事などを流麗な朝鮮語で巧みに詠み上げた『関東別曲』や、君臣の離合を男女の愛憎に例えて歌った『思美人曲』『続美人曲』などは歌辞文学の白眉(はくび)といえよう。
 鄭に続く歌辞の作者としては朴仁老(ぼくじんろう)(1561―1642)がいる。それまでの歌辞が、隠退した士人たちの叙景歌や心境を歌ったものが多かったのに対して、朴仁老は実生活に根ざした歌辞を多くつくった。日本軍と闘う水軍たちを慰めるためにつくったといわれる『船上歎』や『太平詞』はともに戦場でつくられたもの。17世紀以後歌辞は庶民たちの手に移る。そして作者が婦人層にまで及び、「内房歌辞」が盛んになる。[尹 學 準]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の歌辞の言及

【朝鮮音楽】より

…17世紀後半になると唐楽はしだいに郷楽化し,郷楽は発展し変化しながら栄えた。18世紀にいたると,時調や詩文学の繁栄に伴い,歌曲の歌辞(詞),時調と呼ばれる芸術的な声楽が確立し,民衆の中では,パンソリと呼ぶ語り物音楽が発達し,多くのパンソリの名歌手が出現した。一方器楽にも〈散調(さんぢよう)〉という独奏楽器のための楽曲形式がおこり,宮廷音楽も含めて,器楽も声楽も民族音楽の大成期を成した。…

【朝鮮文学】より

…作者としては尹善道(いんぜんどう)や開城の妓女黄真伊が有名であるが,上は王から下は庶民にいたり,日本の和歌や俳句のように国民的詩歌として今日もなお愛好者が多い。時調と並ぶ〈歌辞(歌詞)〉は,別曲体から発展し,丁克仁の《賞春曲》に最初の整った形態がみられる。韻文形式の中に散文的内容を含み,詩歌と散文の中間であり,長歌ともよばれる。…

※「歌辞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

歌辞の関連キーワード京本通俗小説佐々木弘綱楽府詩集垓下の歌朝鮮文学納蘭性徳海東歌謡歌曲源流李清照九歌図諸宮調張恵言呉文英周邦彦朴仁老辛棄疾伴資規湯顕祖琵琶記張先

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android