乞食仕立(読み)こじきじたて

精選版 日本国語大辞典の解説

こじき‐じたて【乞食仕立】

〘名〙
① 木綿襦袢の仕立て方の一つ。襟のまわりと八つ口の辺に、わずかずつ緋縮緬(ひぢりめん)のきれを覆って、全体が緋縮緬でできているように見せるもの。〔随筆・守貞漫稿(1837‐53)〕
② 乞食が着るようなつぎはぎ仕立ての衣類。
※雑俳・柳多留‐三五(1806)「お針の子こじき仕立の下着なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android