乱丁(読み)ランチョウ

大辞林 第三版の解説

らんちょう【乱丁】

製本の過程で、とじ違えたために、書物のページの順序が狂っていること。 「 -本」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

らん‐ちょう ‥チャウ【乱丁】

〘名〙 書物のページの順序が間違って綴じられていること。また、そのページ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の乱丁の言及

【製本】より


[丁合]
 折丁をページ順にとりまとめ,1冊分の本にする作業で,手丁合と機械丁合とがある。製本工程のうち最もたいせつな作業で,ここで〈乱丁〉(折丁の前後をあやまってとったもの),〈落丁〉(まちがって折丁をとりおとしたもの),〈取込み〉(おなじ折丁を重複してとったもの)などのまちがいをおこせば,どんな豪華な装丁の本ができても本としての本質的な価値は失われることになる。これらのあやまりを未然に防ぐため,印刷のとき折丁の背部に丁合印の〈背標signature〉を刷りこむことがある。…

※「乱丁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android