コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丁合(い) チョウアイ

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐あい〔チヤウあひ〕【丁合(い)】

書籍などの製本で、印刷された折丁(おりちょう)を1冊になるようページ順に集める作業。手丁合いと機械丁合いがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

丁合

「ちょうあい」と読む.製本するために,折丁を順番に取りそろえる作業.丁合取りともいう.丁合がしっかりできないと,折丁が重複したり,順番が乱れたり,欠落したりして,乱丁落丁が生じる.現在,丁合は,折記号を読んでいく方式と,折丁の背に表示された背標という印で判断していく方式とがある.後者の方式では,折丁を取りそろえ終わって折丁の背を眺めると,背標が階段状に並んでいるはずである.背標が横並び状態か,階段状がとぎれていれば,すぐに乱丁,落丁と判断できる.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について | 情報

世界大百科事典内の丁合(い)の言及

【製本】より

…紙葉を順序正しくまとめて本の形にすることであるが,具体的には紙葉をページ順に折りたたんで折丁とし,これを順序よくそろえて(丁合(ちようあい))とじ,表紙をつけ,その平(ひら)や背などに装飾をおこなうことをいう。製本は和装本(和綴(わとじ))と洋装本(洋綴)に大別されるが,現在ではほとんど後者だけで,一般に〈製本〉といえば洋装本を意味するほどである(図1)。…

※「丁合(い)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

丁合(い)の関連キーワード折り記号ソーター目引き軽印刷背丁折帖