コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丁合(い) チョウアイ

2件 の用語解説(丁合(い)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐あい〔チヤウあひ〕【丁合(い)】

書籍などの製本で、印刷された折丁(おりちょう)を1冊になるようページ順に集める作業。手丁合いと機械丁合いがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

丁合

ちょうあい」と読む.製本するために,折丁を順番に取りそろえる作業.丁合取りともいう.丁合がしっかりできないと,折丁が重複したり,順番が乱れたり,欠落したりして,乱丁や落丁が生じる.現在,丁合は,折記号を読んでいく方式と,折丁の背に表示された背標という印で判断していく方式とがある.後者の方式では,折丁を取りそろえ終わって折丁の背を眺めると,背標が階段状に並んでいるはずである.背標が横並び状態か,階段状がとぎれていれば,すぐに乱丁,落丁と判断できる.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の丁合(い)の言及

【製本】より

…紙葉を順序正しくまとめて本の形にすることであるが,具体的には紙葉をページ順に折りたたんで折丁とし,これを順序よくそろえて(丁合(ちようあい))とじ,表紙をつけ,その平(ひら)や背などに装飾をおこなうことをいう。製本は和装本(和綴(わとじ))と洋装本(洋綴)に大別されるが,現在ではほとんど後者だけで,一般に〈製本〉といえば洋装本を意味するほどである(図1)。…

※「丁合(い)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

丁合(い)の関連キーワードノンブル折り罫刊行本綴じ折記号折丁折屋台割袋綴じ印刷

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone