コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落丁 ラクチョウ

3件 の用語解説(落丁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

らく‐ちょう〔‐チヤウ〕【落丁】

書籍や雑誌のページが一部抜け落ちていること。また、そのページ。「落丁本」→乱丁

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

落丁

製本工程の丁合の際に,誤って一部の折丁が不足したまま製本されたため,図書や雑誌などの何ページかがまとまって抜け落ちていること.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
図書館情報学用語辞典について | 情報

世界大百科事典内の落丁の言及

【製本】より


[丁合]
 折丁をページ順にとりまとめ,1冊分の本にする作業で,手丁合と機械丁合とがある。製本工程のうち最もたいせつな作業で,ここで〈乱丁〉(折丁の前後をあやまってとったもの),〈落丁〉(まちがって折丁をとりおとしたもの),〈取込み〉(おなじ折丁を重複してとったもの)などのまちがいをおこせば,どんな豪華な装丁の本ができても本としての本質的な価値は失われることになる。これらのあやまりを未然に防ぐため,印刷のとき折丁の背部に丁合印の〈背標signature〉を刷りこむことがある。…

※「落丁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

落丁の関連情報