コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乱離/羅利 ラリ

デジタル大辞泉の解説

ら‐り【乱離/羅利】

[名・形動]《「らんり」の音変化か。近世語》「乱離骨灰(らりこっぱい)」に同じ。
「頼政のむほん茶の木を―にされ」〈柳多留・四〉

らん‐り【乱離】

国が乱れて人々が離散すること。「戦国乱離の世」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

らり【乱離】

( 名 ・形動 )
「乱離骨灰らりこつぱい」の略。 「鐘供養踊り子が来て-にする/柳多留 9

らんり【乱離】

( トタル ) [文] 形動タリ 
国が乱れて人々が離散すること。
乱れ散らばる・こと(さま)。 「髑髏の影-として/囚はれたる文芸 抱月

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

乱離/羅利の関連キーワード乱離骨灰・羅利粉灰コムニダーデスの乱楠木合戦注文骨灰・粉灰史料大成雲門文偃トタル平将門抱月

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android