コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳児難治性下痢 にゅうじなんちせいげり Infantile Intractable Diarrhea

1件 の用語解説(乳児難治性下痢の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

にゅうじなんちせいげり【乳児難治性下痢 Infantile Intractable Diarrhea】

[どんな病気か]
「乳児にみられる治りにくい下痢」の総称で、1つの原因によっておこる病気のことではありません。乳児に下痢が2週間以上続く場合を難治性下痢といいます。
 難治性下痢には、原因が明らかなものと不明のものとがあります。
 原因が明らかな難治性下痢とは、消化酵素(しょうかこうそ)の欠乏、外科的疾患、感染症などによるものです(コラム原因が明らかな難治性下痢症」)。
 原因不明の難治性下痢は、感染などが引き金になって下痢が始まり、口から食物がほとんど食べられなくなり、吸収不全(きゅうしゅうふぜん)、栄養不良、小腸粘膜萎縮(しょうちょうねんまくいしゅく)などが悪循環をおこした結果、治りにくくなるものと考えられています。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

乳児難治性下痢の関連キーワード青米夏季熱何心地乳児脚気不死身クワシオコール小児コレラ新生児下痢新生児体重減少母乳黄疸

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone