コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳汁中への服用薬剤の排出 にゅうじゅうちゅうへのふくようやくざいのはいしゅつ

1件 の用語解説(乳汁中への服用薬剤の排出の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

にゅうじゅうちゅうへのふくようやくざいのはいしゅつ【乳汁中への服用薬剤の排出】

 授乳中のお母さんが摂取した薬剤は、ほとんどが乳汁中に排出されますが、母乳栄養中の乳児に障害を与えたという報告は少ないようです。
 しかし、お母さんが長期に薬剤を服用している場合は、乳児に障害を与える可能性があります。利尿薬、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンステロイド)、レセルピン系降圧薬、バルビツール酸系催眠鎮静薬(さいみんちんせいやく)、抗甲状腺薬(こうこうじょうせんやく)、緩下剤(かんげざい)、制がん剤などを長期に服用するときは、母乳を人工栄養にかえる必要があります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

乳汁中への服用薬剤の排出の関連キーワード母さん御っ母さん御祖母さん伯母さん祖母さん曽祖母さんマンマミーア魚介中毒食物摂取頻度微量金属

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone