コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳脂計 にゅうしけいbutyrometer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乳脂計
にゅうしけい
butyrometer

牛乳の脂肪率を検定する器具。日本では農林水産省物資規格法の規定によって,バブコック法用とゲルベル法用の2種の乳脂計が用いられている。いずれも硫酸遠心力の作用を利用するもので,硫酸は脂肪以外の牛乳成分を融解し,脂肪を液状化し,かつ脂肪と他の液体との比重の差を増して脂肪の上昇を完全にし,分離した脂肪層を目盛計で読取る。脂肪率は乳汁に対する重量%で示される。全乳用以外に脱脂乳用,クリーム用などがあるが,全乳用だけが計量法による検定計器になっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

乳脂計

 乳稠計ともいう.牛乳の脂肪含量を簡便に測定するガラス製の器具.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

乳脂計の関連キーワードテサ法

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android