コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳離れ チチバナレ

5件 の用語解説(乳離れの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちち‐ばなれ【乳離れ】

[名](スル)ちばなれ」に同じ。「なかなか乳離れしない子」

ち‐ばなれ【乳離れ】

[名](スル)
赤ん坊が成長して母乳を飲まなくなること。また、その時期。離乳。ちちばなれ。「乳離れが遅い」
成長して、親などに頼らず自分一人で行動できるようになること。ちちばなれ。「乳離れしていない学生が多い」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちちばなれ【乳離れ】

( 名 ) スル
ちばなれ(乳離) 」に同じ。

ちばなれ【乳離れ】

( 名 ) スル
乳児が成長して乳を飲まなくなること。離乳。ちちばなれ。 「 -がおそい」
自立した、一人前の大人になること。親離れ。 「まだ-してもいない青二才」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乳離れ
ちばなれ

「ちちばなれ」ともいう。乳児期の身体発育にとって離乳が重要な意味をもち、乳離れが遅れると、身体発育にさまざまな悪影響を与える。また、乳離れを急ぐと、子供の食事行動に問題がおこる。一方、思春期は精神的離乳の時期といわれ、自発性や独立心の発達にとって、親の態度は重要な意味をもつ。過保護や干渉が多いと、それらの発達は遅れ、身体は思春期に入っても、依存性が強く、社会的適応が困難となる。また、自発性の発達を急ぐ養育態度によって、子供の情緒は不安定となり、各種の問題を引き起こす。[平井信義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

乳離れの関連情報