コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾友紀子 いぬい ゆきこ

1件 の用語解説(乾友紀子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

乾友紀子 いぬい-ゆきこ

1990- 平成時代のシンクロナイズドスイミング選手。
平成2年12月4日生まれ。小学1年でシンクロをはじめ,6年で井村シンクロクラブにはいる。平成20年世界ジュニア選手権のデュエットで銀メダル,チームで銅メダル。21年近江兄弟社高から立命館大にすすむ。21年,22年日本選手権のデュエット(乾友紀子・小林千紗)で優勝。23年世界選手権チームで5位,デュエットで5位。24年ロンドン五輪のチームで5位入賞,小林千紗と組んだデュエットでも5位入賞。26年ジャパンオープン兼日本選手権のソロで優勝,三井梨紗子と新コンビを組んだデュエットでも優勝。27年世界選手権のデュエットで銅メダル,チーム・テクニカルルーティン(TR)でも銅メダル。滋賀県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

乾友紀子の関連キーワードシンクロナイズドスイミングシンクロナイズドスケーティング外村哲也橘雅子酒井麻里子中村麻衣三井梨紗子吉田胡桃シンクロナイズドダイビング競技シンクロナイズドチーム競技

乾友紀子の関連情報