コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麻薬及び向精神薬取締法 まやくおよびこうせいしんやくとりしまりほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

麻薬及び向精神薬取締法
まやくおよびこうせいしんやくとりしまりほう

昭和 28年法律 14号。従来は麻薬取締りだけを規定していたが,1990年の法律改正で睡眠などの向精神薬を取締りの対象に加え,法律の題名も「麻薬及び向精神薬取締法」に改正された。麻薬および向精神薬の濫用による保健衛生上の危害を防止するために麻薬および向精神薬の輸入,輸出,製造,製剤譲渡しなどについて必要な取締りを行うとともに,麻薬中毒患者について必要な医療を行うなどの措置を講じている。麻薬の取扱いには,すべて厚生労働大臣または都道府県知事の免許を必要とし,一定の資格をそなえた者でなければ免許を受けることができず (3条) ,また向精神薬の取扱いについても厚生労働大臣または都道府県知事の免許が必要とされている (50条) 。厚生労働大臣と都道府県知事には,麻薬および向精神薬に関する一般的監督権限があり,そのために厚生労働省には麻薬取締官,都道府県には麻薬取締員がおかれ,この法律,大麻取締法,あへん法,覚せい剤取締法などに違反する罪などについて司法警察員としての職務を行う (54条) 。麻薬中毒患者に対しては,強制的入院治療の措置が講じられる (58条の8) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

まやくおよびこうせいしんやく‐とりしまりほう〔マヤクおよびカウセイシンヤクとりしまりハフ〕【麻薬及び向精神薬取締法】

麻薬向精神薬輸出入・製造・譲渡・所持などの取り締まりと、麻薬中毒者に対する措置などについて定めた法律。昭和28年(1953)施行。当初の名称は「麻薬取締法」であったが、平成2年(1990)に向精神薬を加えて改正され、現在の名称となった。薬物四法の一つ。麻向法。麻薬取締法。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まやくおよびこうせいしんやくとりしまりほう【麻薬及び向精神薬取締法】

麻薬および向精神薬の輸入・輸出・製造・製剤・譲渡などについての取り締まりと、麻薬中毒者について必要な医療措置を定める法律。1990年(平成2)、麻薬取締法を改正、改称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

麻薬及び向精神薬取締法の関連キーワードコントロールド・デリバリー塩酸メチルフェニデートマネーロンダリング5MeODIPTKADOKAWAアヘン(阿片)合法ドラッグ危険ドラッグ麻薬・覚醒剤麻薬向精神薬おとり捜査麻薬特例法わなの理論脱法ハーブ中島らもモルヒネ麻薬犯罪コカインヘロイン無水酢酸

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

麻薬及び向精神薬取締法の関連情報