コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾地農業 かんちのうぎょうdry farming

翻訳|dry farming

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乾地農業
かんちのうぎょう
dry farming

降水量が少く,灌漑農業が不可能なところで営まれる農業。少い降雨を有効に利用した耕法を営まなければならない。その必要から生れた粗放的な畑作農耕で,耕地を深く耕し,表土を細かく砕いて水分の吸収をはかり,降雨後その上に土をかぶせて毛管現象による蒸発を防ぐ。アメリカでは秋に深耕し,翌春早く種をまく前に再度耕して土を薄くかぶせる。この耕法は古代地中海世界や中国北部,インドなどにみられ,北アメリカ大陸グレートプレーンズ,南アメリカのパンパス,オーストラリアなどで盛ん。日本では夏の乾燥期に畑作物の周辺にわらを敷くが,これもその一種といえよう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の乾地農業の言及

【乾燥地農業】より

…雨の季節性,風の強さ,土壌の性質などによっても異なるが,おおよそ年降水量500mm以下の地域で,灌漑によって水を供給せず,降雨のみを利用して作物に必要な水を土壌中に保存し,収量は低いが安定した作物栽培を行おうとする農法をいう。乾地農業,乾燥農業ともいう。年降水量500mm以下の地域は地球全体の50%以上を占め,アメリカの北西部,オーストラリア,アジア大陸北部,地中海沿岸などに広く分布している。…

※「乾地農業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

乾地農業の関連キーワード乾燥地農業乾燥指数斉民要術

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android