乾絵美(読み)いぬい えみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

乾絵美 いぬい-えみ

1983- 平成時代のソフトボール選手。
昭和58年10月26日生まれ。捕手(右投げ右打ち)。平成15年日立&ルネサス高崎(現・ビックカメラ女子ソフトボール高崎)にはいり,上野由岐子投手の女房役をつとめる。16年アテネ五輪日本代表(出場なし)。20年北京五輪(6打数1安打)で金メダリストとなる。21年現役引退。兵庫県出身。神戸常盤女子高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android