乾闥婆城(読み)けんだつばじょう

精選版 日本国語大辞典「乾闥婆城」の解説

けんだつば‐じょう ‥ジャウ【乾闥婆城】

〘名〙 乾闥婆神の幻術によって、空中に化現した楼城。蜃気楼(しんきろう)をさすとされる。乾闥婆。
※秘蔵宝鑰(830頃)下「知自性如幻陽燄影響旋火輪乾闥婆城」 〔大智度論‐六〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「乾闥婆城」の解説

けんだつば‐じょう〔‐ジヤウ〕【乾闥婆城】

乾闥婆神が術によって空中につくり出してみせた城。幻のように実体のないもののたとえ。蜃気楼(しんきろう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android