乾闥婆城(読み)けんだつばじょう

精選版 日本国語大辞典 「乾闥婆城」の意味・読み・例文・類語

けんだつば‐じょう ‥ジャウ【乾闥婆城】

〘名〙 乾闥婆神の幻術によって、空中に化現した楼城。蜃気楼(しんきろう)をさすとされる。乾闥婆。
秘蔵宝鑰(830頃)下「知自性如幻陽燄影響旋火輪乾闥婆城」 〔大智度論‐六〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「乾闥婆城」の意味・読み・例文・類語

けんだつば‐じょう〔‐ジヤウ〕【乾闥婆城】

乾闥婆神が幻術によって空中につくり出してみせた城。幻のように実体のないもののたとえ。蜃気楼しんきろう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android