コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幻術 ゲンジュツ

デジタル大辞泉の解説

げん‐じゅつ【幻術】

人の目をくらます、あやしく不思議な術。妖術。魔術。
手品奇術

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

げんじゅつ【幻術】

目眩(めくらまし)ともいい,人の目をくらます術である。その術師を眩人(幻人)といったが,妖術忍術,魔法,外法(げほう),あるいは奇術,手品を含み,もともと西域に起こったものでを通じて伝来し,天平時代にはかなり盛んになっていた。本来散楽(さんがく)中の一類で,のちに傀儡くぐつ)や放下(ほうか)の徒が演じてみせた。《唐会要》の〈水激して魚竜と化す〉,《傀儡子記》の〈沙石を変じて金銭と為す〉,《信西古楽図》の〈吐炎舞〉などがこれに当たる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

げんじゅつ【幻術】

人の目をくらます術。魔術。妖術。
手品。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

幻術の関連キーワード儼・元・原・厳・嚴・幻・弦・減・源・玄・現・眩・眼・絃・舷・衒・言・諺・限・験ジョージ マルコム奈良時代(年表)掛焔硝・掛焰硝雑技・雑伎阿部元五郎司馬遼太郎橋本 國彦幻人・眩人洪吉童伝加藤段蔵果心居士太平広記サーカス乾闥婆城目眩まし旅人馬長恨歌傀儡子李密翳

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

幻術の関連情報