幻術(読み)ゲンジュツ

世界大百科事典 第2版の解説

げんじゅつ【幻術】

目眩(めくらまし)ともいい,人の目をくらます術である。その術師を眩人(幻人)といったが,妖術忍術,魔法,外法(げほう),あるいは奇術,手品を含み,もともと西域に起こったものでを通じて伝来し,天平時代にはかなり盛んになっていた。本来散楽(さんがく)中の一類で,のちに傀儡くぐつ)や放下(ほうか)の徒が演じてみせた。《唐会要》の〈水激して魚竜と化す〉,《傀儡子記》の〈沙石を変じて金銭と為す〉,《信西古楽図》の〈吐炎舞〉などがこれに当たる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

げんじゅつ【幻術】

人の目をくらます術。魔術。妖術。
手品。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

げん‐じゅつ【幻術】

〘名〙
① 人の目をくらます怪しい術。妖術(ようじゅつ)。魔法。
※続日本紀‐天平元年(728)四月癸亥「内外文武百官及天下、有習異端積幻術、圧魅咒咀害傷百物、首斬従流」
※平家(13C前)六「三明六通の羅漢もまぬかれ給はず、現術変化の権者ものがれぬ道なれば」 〔顔氏家訓‐帰心〕
② 手品。奇術。
雍州府志(1684)八「傀儡之外、雲舞并術」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android