コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾闥婆 ケンダツバ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

乾闥婆 けんだつば

仏教の守護神
インド神話から仏教にはいってきた神で,八部衆のひとつ。帝釈天(たいしゃくてん)につかえ,香をたべて楽を奏する。胎児,小児を守護し,悪魔をはらう神とされる。奈良興福寺,京都三十三間堂にその像がある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんだつば【乾闥婆】

〘仏〙 〔 Gandharva「香神」「香音神」と訳す〕 八部衆の一。帝釈天たいしやくてんに侍し、香を食して音楽を奏する神。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の乾闥婆の言及

【八部衆】より

…夜叉女(ヤクシーyakṣī,ヤクシニーyakṣiṇī)は多く豊満な裸女で表され,毘沙門天の部下とされる。(4)乾闥婆(けんだつば)(ガンダルバgandharva) 帝釈天に仕える音楽神で香(ガンダgandha)を食べて生きるとされ,ギリシア神話のケンタウロスとの関係も指摘されている。(5)阿修羅(アスラasura) 天に敵対するとされる乱暴な神。…

※「乾闥婆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

乾闥婆の関連キーワードインド神話二十八部衆ガンダルバアプサラス天竜八部衆乾闥婆城童子経法