上町(読み)うえまち

精選版 日本国語大辞典「上町」の解説

うえ‐まち うへ‥【上町】

大阪市の中心部、東横堀川東方の上町台地の俗称。江戸時代妾宅が多かった。上本町

かみ‐の‐ちょう ‥チャウ【上町】

京都、旧島原遊郭内の町名の一つ。三筋の一つ。遊郭の東南、中の町の南側。

かみ‐まち【上町】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の上町の言及

【水戸[市]】より

…また城の東方に広がる低地を埋め立てて新たに武家屋敷にするとともに,ここに町人を大規模に移して町人町を造成(田町越え),城下商工業の中心とした。 城を挟み西方の台地上の町を上町(うわまち)というのに対し,東方の低地を下町(したまち)と呼ぶ。1651年(慶安4)には上町と下町を結ぶ全長18町の新道が完成した。…

【上[村]】より

…西部を国道152号線が通る。かつて南信濃村とともに遠山郷とよばれた秘境で,中心の上町は秋葉道の難所といわれた小川路峠の峠口の宿場であった。村域の大部分は山林・原野で占められ,養蚕を中心に茶,シイタケなどの栽培や畜産が行われる。…

※「上町」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android