亀井忠雄(読み)かめい ただお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀井忠雄 かめい-ただお

1941- 昭和後期-平成時代の能楽師大鼓(おおつづみ)方。
昭和16年12月1日生まれ。亀井俊雄の次男。葛野(かどの)流を父および川崎九淵,吉見嘉樹にまなび,昭和24年7歳で初舞台。スケールの大きな演奏で高い評価をえている。平成9年楽会理事。10年には葛野流宗家預かりとなる。妻は歌舞伎長唄囃子方(はやしかた)9代田中佐太郎。平成14年能囃子方鼓で人間国宝。東京出身。日大卒。著作に「能楽囃子方五十年」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android