亀居城(読み)かめいじょう

日本の城がわかる事典の解説

広島県大竹市にあった平山城(ひらやまじろ)。背後に急峻な山、前面に瀬戸内海が広がる近世城郭だった。城の名前は、城地が亀が伏した形に似ていることに由来する。1600年(慶長5)関ヶ原の戦いに敗れた西軍の毛利輝元(もうりてるもと)は、減封されて長門国の萩へ去り、入れ替わりに戦功のあった福島正則が安芸国と備後国の2国を得て、広島城に入った。この時期、徳川方と豊臣方の決着はまだついておらず、政情は不安定なものだった。そこで毛利氏に対抗する軍事的見地から、正則が築いたのが亀居城である。5年の歳月をかけて1608年(慶長13)に完成した城は、支城とはいえ山陽道を城内に取り込むなど大規模なものだった。このため、もともと豊臣恩顧の武将だった正則は、徳川氏側から疑念をかけられ、亀居城は築城からわずか3年で主な建造物は撤去、廃城となった。現在は亀居公園として整備されている。JR山陽本線玖波駅から徒歩25分。◇小方城(おがたじょう)ともいう。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android