コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀高徳平 かめたか とくへい

2件 の用語解説(亀高徳平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀高徳平 かめたか-とくへい

1872-1935 明治-昭和時代前期の化学者。
明治5年1月12日生まれ。32年高等師範の教授となる。のちヨーロッパに留学し,有機化学を研究。科学的知識の普及につとめ,雑誌「科学知識」を発行した。昭和10年6月1日死去。64歳。岡山県出身。帝国大学卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

亀高徳平

没年:昭和10.6.1(1935)
生年:明治5.1(1872)
明治大正期の物理化学者。岡山県生まれ。明治30(1897)年東京帝大理科大学(理学部)化学科卒業。32年東京高等師範学校教授。40年から4年間,スイスウィルシュテッター,ドイツフィッシャー,イギリスのパーキンなどのもとで有機化学の研究を行う。科学的知識の普及に関心があり,大正8(1919)年科学知識普及会を設立,雑誌『科学知識』を刊行。

(村上陽一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

亀高徳平の関連キーワード日本浪曼派治安維持法師範学校TDK(株)挟みトヨダトラックG1型雪之丞変化芥川賞直木賞日本共産党

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone