コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

争ひ/諍ひ アラガイ

デジタル大辞泉の解説

あらがい〔あらがひ〕【争ひ/×諍ひ】

言い争うこと。口論すること。
「たれがしを御使ひにてめされて候ひしは、よも御―は候はじ」〈著聞集・八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

争ひ/諍ひの関連キーワードチャップリン憎む・悪む竹内 平吉軽裘肥馬大和三山わわし挑まし言成す五丁町言の葉戯れる若殿原比興歌謡畝傍月卿機頓同根無下羊角

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android