コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩上順一 いわがみ じゅんいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩上順一 いわがみ-じゅんいち

1907-1958 昭和時代の文芸評論家。
明治40年1月2日生まれ。昭和10年代の半ばから「中央公論」などに執筆。20年共産党にはいり,翌年,新日本文学会の初代書記長。のち「人民文学」に参加した。昭和33年8月14日死去。51歳。山口県出身。東京外国語学校(現東京外大)卒。旧姓は野村。著作に「文学の饗宴(きょうえん)」「階級芸術論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩上順一
いわがみじゅんいち
(1907―1958)

文芸評論家。山口県の貧しい農家に生まれ、高等小学校卒業後、変電所に勤める。その後早稲田(わせだ)大学英文科に進むが、1934年(昭和9)治安維持法違反で検挙され中退、東京外語露語科に再入学し、40年卒業。その前後から『中央公論』等に文芸評論を発表し、『文学の饗宴(きょうえん)』(1941)、『文学の主体』(1942)、『歴史文学論』(1942)等を刊行、新鮮なリアリズム論によって注目されたが、43年、ふたたび治安維持法違反で検挙、投獄された。戦後は新日本文学会の書記長となったが、50年(昭和25)の分裂に際して『人民文学』の中心メンバーとなった。[伊豆利彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

岩上順一の関連キーワードババエフスキー伊豆利彦歴史小説現代文学昭和時代

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android