コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩上順一 いわがみ じゅんいち

2件 の用語解説(岩上順一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩上順一 いわがみ-じゅんいち

1907-1958 昭和時代の文芸評論家。
明治40年1月2日生まれ。昭和10年代の半ばから「中央公論」などに執筆。20年共産党にはいり,翌年,新日本文学会の初代書記長。のち「人民文学」に参加した。昭和33年8月14日死去。51歳。山口県出身。東京外国語学校(現東京外大)卒。旧姓は野村。著作に「文学の饗宴(きょうえん)」「階級芸術論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩上順一
いわがみじゅんいち
(1907―1958)

文芸評論家。山口県の貧しい農家に生まれ、高等小学校卒業後、変電所に勤める。その後早稲田(わせだ)大学英文科に進むが、1934年(昭和9)治安維持法違反で検挙され中退、東京外語露語科に再入学し、40年卒業。その前後から『中央公論』等に文芸評論を発表し、『文学の饗宴(きょうえん)』(1941)、『文学の主体』(1942)、『歴史文学論』(1942)等を刊行、新鮮なリアリズム論によって注目されたが、43年、ふたたび治安維持法違反で検挙、投獄された。戦後は新日本文学会の書記長となったが、50年(昭和25)の分裂に際して『人民文学』の中心メンバーとなった。[伊豆利彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩上順一の関連キーワード十返肇伊藤至郎川村二郎高山毅田野辺薫寺岡峰夫縄田一男武蔵野次郎矢崎弾渡辺澄子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone