コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金光明最勝王経音義 こんこうみょうさいしょうおうきょうおんぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金光明最勝王経音義
こんこうみょうさいしょうおうきょうおんぎ

金光明経』の注釈書。著者未詳。承暦3 (1079) 年の識語がある。1冊。『金光明最勝王経』の漢字 436字に清濁四声和訓を施したもの。いろは歌の書かれている最古の文献であること,現行のものとは行の順が異なるが,五十音図が書かれていること,コの甲,乙類が書き分けられていること,『類聚名義抄』と並ぶ平安時代末期のアクセント資料であることなど,音韻史研究上欠くことのできない本である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こんこうみょうさいしょうおうきょうおんぎ【金光明最勝王経音義】

仏典の注釈書。著者不詳。1079年の識語がある。「金光明最勝王経」の漢字四三六字を標出し、それに字音注、意義注、万葉仮名による和訓を付す。和訓につけられた声点は平安時代のアクセントを反映する。巻頭には現存最古の「いろは歌」がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金光明最勝王経音義
こんこうみょうさいしょうおうきょうおんぎ

経典辞書。1冊。著者未詳。1079年(承暦3)の識語があり、成立はそれよりすこし古いかと推測される。『金光明最勝王経』の巻音義で、436の漢字を掲出し、字音注、意義注を記し、万葉仮名で和訓を付す。上代特殊仮名遣いのコの甲類・乙類や清濁、アクセントの万葉仮名による書き分け、韻尾のウと三内撥音(はつおん)尾のそれぞれの区別、字音の四声や和語のアクセントの施声など、音韻認識のうえで注目される。とくに、アクセントの平声(ひょうしょう)と平声軽(ひょうしょうかる)との区別は貴重である。また、現存最古のいろは歌と、醍醐寺(だいごじ)蔵『孔雀経音義(くじゃくきょうおんぎ)』に次ぐ古い五十音図とを所載している。大東急記念文庫蔵。[沖森卓也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

金光明最勝王経音義の関連キーワード伊呂波歌放生会声点

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android