コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事故情報分析ネットワーク ジコジョウホウブンセキネットワーク

1件 の用語解説(事故情報分析ネットワークの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じこじょうほうぶんせき‐ネットワーク〔ジコジヤウホウブンセキ‐〕【事故情報分析ネットワーク】

消費者庁が導入を進める消費者事故情報一元化システムを構成する仕組みの一つ。消費者事故情報をデータバンクに集約して要注意情報を抽出し、原因究明・追跡調査を行うことによって重大事故を未然に防ぐ。救命救急病院や小児科など製品や食品による事故情報に日常的に接している医師や医療機関、医学・衛生学・工学・人間工学など関連する分野の専門家、および試験研究機関・検査機関などが協力する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事故情報分析ネットワークの関連キーワード消費者米価消費者価格消費者委員会消費者包装消費者保護消費者保護会議消費者信頼感指数消費者物価指数(CPI:consumer price index)日本消費者協会消費者庁設置関連法案

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone