コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事象の地平線 ジショウノチヘイセン

デジタル大辞泉の解説

じしょう‐の‐ちへいせん〔ジシヤウ‐〕【事象の地平線】

物理学における相対性理論に基づいた概念の一。光や電磁波などの観測によって情報を知りうる領域と、そうでない領域の境界。ブラックホール周辺で、光が外部に逃れられない範囲の境界面。また、膨張する宇宙で、観測者から遠ざかる速度が光速を超えている領域との境界面。事象の地平面イベントホライズン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

事象の地平線の関連キーワードライスナー‐ノルドストリョームの解ブラックホール力学の四法則シュヴァルツシルト半径シュバルツシルト半径ホログラフィック原理事象の地平線望遠鏡宇宙の地平線ホライズン裸の特異点特異点定理量子重力EHT