コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事象の地平面 じしょうのちへいめんevent horizon

翻訳|event horizon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

事象の地平面
じしょうのちへいめん
event horizon

あまりに重力が強いために物質だけでなく,光さえも脱出することができない天体をブラックホールという。ある面を境にして,外側からは内側に物理的影響が伝わるが,その逆の現象は起きないために,ブラックホールの中の情報を得ることはできない。この境界面を事象の地平面という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じしょう‐の‐ちへいめん〔ジシヤウ‐〕【事象の地平面】

事象の地平線

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の事象の地平面の言及

【ブラックホール】より

…重力が強いため,自然界でもっとも速い光(秒速30万km)を含めていかなる物もそこから脱出することができない面が存在する天体。一般相対論ではこの面を〈事象の地平面〉と呼ぶ。ブラックホールを観測したとき,事象の地平面からは,光も電波もX線も出てこないので,まったく黒く見える。…

※「事象の地平面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

事象の地平面の関連キーワードシュヴァルツシルトのブラックホールカーブラックホールホワイト・ホールブラック・ホールホーキング放射ホワイトホール地平線

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android