コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二万五千日 ニマンゴセンニチ

デジタル大辞泉の解説

にまんごせん‐にち【二万五千日】

京都・長崎などの清水寺へ7月10日に参詣すること。この日に参詣すれば、2万5000日通ったほど利益(りやく)があるという。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にまんごせんにち【二万五千日】

〔京都・長崎などの清水寺に、毎年7月10日に参詣すれば、この日一日だけで二万五千日参詣したと同じ功徳を得るということから〕
7月10日の清水寺参詣。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

二万五千日の関連キーワード京都功徳

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二万五千日の関連情報