二人兄弟(読み)ふたりきょうだい

世界大百科事典 第2版の解説

ふたりきょうだい【二人兄弟】

たいていは双子兄弟とされる,ヨーロッパの代表的な昔話。《グリム童話》では60番がこの話型である。女と犬と馬が同じ魚(またはリンゴ)を食べてそれぞれ双子を生む。犬と馬それぞれの双子を連れて旅に出た双子の兄弟は,ある所でお互いに相手の命が危険に陥ればそれを知らせる小刀などを交換して別れる。弟は竜を倒して王女と結婚するが,狩りの途上,魔女に魔法をかけられて石になる。生命の指標で弟の危急を知った兄は救助に向かい,まず弟の妻のもとへ行く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二人兄弟の関連情報