二十五三昧式(読み)にじゅうござんまいしき

世界大百科事典 第2版の解説

にじゅうござんまいしき【二十五三昧式】

《横川首楞厳院(よかわしゆりようごんいん)二十五三昧式》ともいう。源信撰と伝えるが不明。986年(寛和2)源信を指導者として比叡山横川首楞厳院で結成した念仏者集団二十五三昧会のために作成されたもの。結成後に同志の慶滋保胤(よししげのやすたね)が《二十五三昧起請》を起草し,988年(永延2)源信が作成した《定起請》と内容的にもつらなり,《往生要集》とも深くかかわっている。本文は三つの部分に分けられるが,当初の形は明らかでない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android