コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿弥陀経 あみだきょう Sukhāvatīvyūha

6件 の用語解説(阿弥陀経の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿弥陀経
あみだきょう
Sukhāvatīvyūha

浄土系の経典。サンスクリット語名 (「極楽荘厳と名づける大乗経典」の意) が,他の浄土系の重要な経典である『無量寿経』と同一呼称なので,『阿弥陀経』を「小経」,後者を「大経」と呼ぶ。成立は1世紀頃。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あみだ‐きょう〔‐キヤウ〕【阿弥陀経】

大乗経典。浄土三部経の一。1巻。402年ごろ、鳩摩羅什(くまらじゅう)が漢訳。釈迦阿弥陀仏西方浄土をたたえて、その名号(みょうごう)を唱えて浄土に往生することを勧め、諸仏がこれを証したと説くもの。小経。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

阿弥陀経【あみだきょう】

阿弥陀仏信仰を説く大乗仏教経典の一つ。小経とも。日本では最も多く読誦(どくじゅ)される。クマーラジーバ玄奘(げんじょう)の漢訳がある。仏が西方極楽浄土のありさまを説き,六方の諸仏がこれを証し,称名念仏を勧めるという内容をもつ。
→関連項目時宗浄土真宗法華百座聞書抄

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あみだきょう【阿弥陀経】

阿弥陀仏信仰を説く大乗仏教経典の一つ。サンスクリット名スクハーバティービューハSukhāvatīvyūha(極楽の荘厳)。《大無量寿経》のサンスクリット名も同名のため,区別して〈小スクハーバティービューハ〉と呼ぶ。略称《小経》。1世紀ころ,北インドで成立したと推定される。サンスクリット本,チベット訳,漢訳2種が現存。漢訳は,鳩摩羅什(クマーラジーバ)訳《阿弥陀経》(402ころ),玄奘訳《称讃浄土仏摂受経》(650)各1巻のうち,簡潔で流麗な前者が多く用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あみだきょう【阿弥陀経】

浄土三部経の一。一巻。原典はほぼ一世紀頃成立。402年、鳩摩羅什くまらじゆう漢訳。阿弥陀仏の極楽浄土の美しい光景を述べ、往生を勧める。仏説阿弥陀経。小経。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿弥陀経
あみだきょう

浄土教の根本聖典。鳩摩羅什(くまらじゅう)が402年ころ漢訳したもの。『無量寿経(むりょうじゅきょう)』『観無量寿経』とともに「浄土三部経」の一つに数えられ、『無量寿経』を『大経』とよぶのに対して『小経』と略称する。もとはサンスクリット語で書かれ、スカーバティー・ビューハSukhvat-vyha(極楽(ごくらく)の荘厳(しょうごん))というが、おそらく西暦100年ころ北西インドにおいて成立したものと推定される。現在、この原典はインドでは散逸し、悉曇(しったん)文字で日本に伝えられたものだけが残っている。漢訳には、玄奘(げんじょう)が650年に訳した『称讃(しょうさん)浄土仏摂受(しょうじゅ)経』も現存しているが、中国、日本ではもっぱら鳩摩羅什訳のほうが用いられ、とくに浄土教諸宗派では、これを所依の根本経典の一つとして重視した。9世紀前半にチベット訳された『聖なる極楽の荘厳と名づけられる大乗経』も異本である。サンスクリット原典と対比すると、鳩摩羅什訳がもっとも近く、チベット訳がこれに次ぎ、玄奘訳はかなり増広されている。
 本経の内容は、阿弥陀仏(あみだぶつ)の浄土である西方極楽世界の優れた光景(荘厳)を描写し、この浄土に往生するために阿弥陀仏の名号を一心に念ずること(念仏)を説き、六方世界の諸仏もこのことを称賛しているとして、浄土往生思想を簡潔平易に明らかにしている。とくに鳩摩羅什訳は、その流麗な訳文とあいまって、中国、日本では代表的な読誦(どくじゅ)経典の一つとなり、浄土信仰を広く流布せしめる役割を果たした。その注釈書も古来非常に多い。[藤田宏達]
『藤田宏達訳『梵文和訳 無量寿経・阿弥陀経』(1975・法蔵館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の阿弥陀経の言及

【阿弥陀】より

…日本へは7世紀のはじめに伝わった。人びとをひきつけたのは《無量寿経》《観無量寿経》《阿弥陀経》であり,これらは阿弥陀仏とその浄土を語り,阿弥陀仏の救済が衆生の極楽浄土への往生で実現されることをのべている。奈良時代以前の阿弥陀信仰は弥勒信仰と混在した形であり,追善的性格が濃厚であった。…

【極楽】より

…そのなかでも阿弥陀仏の西方極楽浄土は阿閦(あしゆく)仏の東方妙喜国と並んで特異なものである。《阿弥陀経》によると,阿弥陀の浄土は西方,十万億の仏土を過ぎたところにあり,苦はなく楽にみちているので極楽と名づけられる。この国土には七重の欄楯(らんじゆん),七重の羅網(らもう),七重の行樹があり,四宝で飾られ,美を極める。…

【浄土教】より

…ところで,《漢訳大蔵経》のなかで阿弥陀仏について説いている仏典は270余部で,大乗仏典全体の3割を占めていて,中国や日本では阿弥陀浄土の信仰が他の浄土教を圧倒して普及し,浄土教の名称を独占するかのごとき様相を呈するにいたる。この阿弥陀浄土をとくに説く浄土経典としては《般舟三昧(はんじゆざんまい)経》と《無量寿経》《阿弥陀経》《観無量寿経》のいわゆる〈浄土三部経〉がある。道安の弟子である東晋の慧遠(えおん)は,廬山の東林寺で僧俗123名と念仏結社,いわゆる白蓮社(びやくれんしや)の誓約をしたことで知られ,中国では慧遠を浄土宗(蓮社)の始祖と仰いでいる。…

【例時作法】より

…仏事の法要名。《阿弥陀経》を読誦して阿弥陀如来の救いを求める法要。天台系諸宗で常用するが,浄土系などにも勤める宗派がある。…

※「阿弥陀経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

阿弥陀経の関連キーワード阿弥陀仏観無量寿経浄土教浄土三部経南無阿弥陀仏阿弥陀法空門心地観経般若経弥陀仏

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

阿弥陀経の関連情報