二句神歌(読み)ニクカミウタ

精選版 日本国語大辞典の解説

にく‐の‐かみうた【二句神歌】

〘連語〙 平安末期から鎌倉時代にかけてうたわれた神歌の一種。四句の神歌に対して上の句・下の句の二句から成る歌謡。「梁塵秘抄」に集成されている。
※梁塵秘抄(1179頃)二「二句神歌 百十八首」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android