コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多国間主義 たこくかんしゅぎ

1件 の用語解説(多国間主義の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

多国間主義【たこくかんしゅぎ】

通称マルチラテラリズム。多角的構想主義とも。国際貿易において,2国間の問題でも他国へ不利益をもたらさないように,世界全体の枠組みの中で調整されるべきだという考え方
→関連項目二国間主義

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

多国間主義の関連キーワードマルチラテラリズムバイラテラリズムマルチ・カルチュラリズムバイラテラルフェデラリズムユニラテラリズムちらりズムマルチカルチュラリズムマルチラテラルマルチリンガリズム

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

多国間主義の関連情報