多国間主義(読み)たこくかんしゅぎ

百科事典マイペディアの解説

多国間主義【たこくかんしゅぎ】

通称マルチラテラリズム。多角的構想主義とも。国際貿易において,2国間の問題でも他国へ不利益をもたらさないように,世界全体の枠組みの中で調整されるべきだという考え方。政治・経済分野での国際的相互依存が強まる中で強調されてきた。この考え方はGATT(関税貿易一般協定)に生かされ,多角的貿易交渉としてはケネディ・ラウンド(1964年−1967年),東京ラウンド(1973年−1979年)などがあった。ウルグアイ・ラウンド(1986年−1993年)は新しい多角的貿易交渉として注目され,それがWTO(世界貿易機関)に引き継がれている。
→関連項目二国間主義

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多国間主義の関連情報