二幅・二布(読み)ふたの

大辞林 第三版の解説

ふたの【二幅・二布】

並幅の倍の幅。また、その幅の布。ふたはば。
〔二幅の布で作るので〕 腰巻。ゆもじ。
和船具の名。帆綱を巻き上げるもの。蛇袋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふた‐の【二幅・二布】

〘名〙 (「の」は布地の幅を表わす単位)
① 着物などのはば。並幅の二倍をいう。また、そのはばの布。ふたはば。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「其(まへだれ)もネ、四尺裁って貰って二布(フタノ)にいたせばつい通りでよいのに」
② 女性が腰から下にまとう下着。丈が①の長さであるところからいう。腰巻。ゆもじ。ふたはばもの。ふたのもの。
※咄本・醒睡笑(1628)五「夕顔の棚の下なるゆふすずみ男はててら妻はふたのして」
③ 和船の筈緒(はずお)の上部につける麻の垂れ布で、帆と筈緒のすれを防ぐもの。蛇袋(じゃぶくろ)。よだれかけ。〔和漢船用集(1766)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android