コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二星流説 にせいりゅうせつ

百科事典マイペディアの解説

二星流説【にせいりゅうせつ】

高速度星を除いた太陽近傍の恒星の速度分布が,二つの速度重心のまわりの球状分布に分けられるという説。1904年にJ.C.カプタインが提唱。太陽から見た星々の運動が,両速度重心に向かう流れのまわりに分布することからこの名がある。
→関連項目カプタイン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にせいりゅうせつ【二星流説】

太陽付近の星々(高速度星は除く)の速度分布が,二つの速度重心のまわりの球状分布に分けられるという説で,1904年J.C.カプタインが唱えた。太陽から見ると,星々の運動は,これらの両速度重心C1とC2に向かう流れのまわりに分布するので,二星流説という。約5300個の明るい恒星についての解析によれば,第1・第2星流の速度はそれぞれ31km/sと16km/s,各星流中の星の特有運動は,いずれも15km/sの分散をもつ正規分布であり,両星流に所属する星数の比は0.55対0.45である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

二星流説の関連キーワードJ.H. オールトJ. カプタインオールト