コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二星流説 にせいりゅうせつ

2件 の用語解説(二星流説の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

二星流説【にせいりゅうせつ】

高速度星を除いた太陽近傍の恒星の速度分布が,二つの速度重心のまわりの球状分布に分けられるという説。1904年にJ.C.カプタインが提唱。太陽から見た星々の運動が,両速度重心に向かう流れのまわりに分布することからこの名がある。
→関連項目カプタイン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

にせいりゅうせつ【二星流説】

太陽付近の星々(高速度星は除く)の速度分布が,二つの速度重心のまわりの球状分布に分けられるという説で,1904年J.C.カプタインが唱えた。太陽から見ると,星々の運動は,これらの両速度重心C1とC2に向かう流れのまわりに分布するので,二星流説という。約5300個の明るい恒星についての解析によれば,第1・第2星流の速度はそれぞれ31km/sと16km/s,各星流中の星の特有運動は,いずれも15km/sの分散をもつ正規分布であり,両星流に所属する星数の比は0.55対0.45である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

二星流説の関連キーワード視線速度終端速度高速度対気速度超高速度速度合成の法則(力学)ボルツマンの速度分布則マクスウェル気体マクスウェルの速度分布則失速速度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone