コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高速度星 こうそくどせい high velocity star

5件 の用語解説(高速度星の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高速度星
こうそくどせい
high velocity star

太陽を含め,太陽近傍の大部分の星はほぼ円軌道を描きながら,全体として銀河中心のまわりを回転しているが,この回転速度 (太陽付近で毎秒約 250km) で動く座標系からみて,空間速度が毎秒 60~70km以上の星を高速度星と呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうそくど‐せい〔カウソクド‐〕【高速度星】

太陽に対する空間運動の速度が秒速60~70キロメートル以上の星。太陽近傍約300光年以内の恒星の多くは空間運動の平均速度が秒速20キロメートル程度なので、これを大きく上回る速度の恒星を指す。その軌道は銀河面に対して傾き、離心率が大きい楕円軌道を描いているものが多い。→バーナード星

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

高速度星【こうそくどせい】

太陽の近傍約300光年以内にある恒星のうち,それら恒星の空間速度の平均より秒速60〜70km以上速い速度をもつ星。銀河系内でふつうの星が銀河中心のまわりに円軌道を描いているのに対し,高速度星は離心率の大きい軌道をとっている。
→関連項目視線速度

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうそくどせい【高速度星 high velocity stars】

約300光年以内の太陽近傍の恒星のうち,それらの空間速度の平均(局所静止基準という)に対して,60~70km/s以上の速度をもつ恒星をいう。太陽を含めて,ほとんどの恒星は局所静止基準に対して約30km/sの速度をもち,それらの速度ベクトルは,局所静止基準を原点として対称的な分布を示す。ところが,高速度星の速度ベクトルは著しい非対称分布を示し,それらのベクトルは局所静止基準を原点として,銀河回転方向を避け,銀河回転と逆の方向に集中する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高速度星
こうそくどせい
high-velocity star

恒星のうち太陽に対する空間運動速度が秒速約65キロメートル以上の星。太陽周辺の大部分の恒星は、相対空間速度が秒速20キロメートル程度である。生成原因の違いによって、逃走星(runaway star)、ハロー星(halo star)、極高速度星(hypervelocity star)が考えられている。逃走星は、連星系の進化の過程で高速度で飛び出したか、連星を形成していた相手方の星が超新星爆発して放出されたと考えられる星。ハロー星は、銀河円盤外のハローで誕生した星がたまたま太陽近傍の銀河円盤を横切ったもの。極高速度星は、前者二つと違い秒速1000キロメートルと桁違いに大きい速度を示し、銀河中心にあるとされる巨大ブラックホールとの衝突で加速されたか、わが銀河系と近傍の矮小銀河との衝突で加速されたか、どちらかの原因による星と考えられている。高速度星の多くはその元素組成が太陽など標準の星と異なり、重元素の欠乏を示す。欠乏度の大きな高速度矮星(わいせい)は、HR図上の位置にちなんで準矮星ともよばれる。高い相対速度を反映して、銀河系内の分布も広範囲にわたり、レンズ状の円盤部を越えてハローとよばれる楕円(だえん)体領域に及ぶ。代表的な種族の星で、年齢は古く、一般に100億年以上であって、中小質量の矮星、巨星、水平枝星を含む。[小平桂一・安藤裕康]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の高速度星の言及

【銀河系】より

…太陽系から見た場合の諸天体の相対速度は,太陽と似た運動をしている種族Iでは小さくて平均20km/sくらいである一方,太陽とかけ離れた運動をしている種族IIでは,大きくなるわけである。高速度星と呼ばれる速度約60km/s以上の星の大部分は,種族IIの星である。それらの銀河系中心のまわりの軌道は,銀河面に対して傾いているとともに離心率も小さくなく,かなり細長い楕円形をしている。…

※「高速度星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高速度星の関連キーワード局部恒星系太陽向点反射星雲固有運動質量光度関係系外惑星恒星コロナグラフオールト定数ヘルツシュプルンク‐ラッセル図金属欠乏星

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone