二極分化(読み)ニキョクブンカ

デジタル大辞泉の解説

にきょく‐ぶんか〔‐ブンクワ〕【二極分化】

[名](スル)中間が減少して両極端に分かれる現象。大都市への人口集中と農漁村の過疎化、貧富の格差の拡大など。二極化

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

流通用語辞典の解説

二極分化

現代の消費構造や流通機構を分析する際のキーワードのひとつで、対極に分化しながら、システムとして共存している状態のことをさしている。消費の二極分化という場合には、日用品などの必需的消費では、標準化、規格化したものを購入し、おしゃれ用品などの選択的消費では、個性化、多様化した要素を求める動きである。簡便性利便性、低価格性を求める一方で、ファッション性、個別性を追求するといった動き。このような消費者の動きを反映して、流通機構もマス・マーケットや利便性を対象としたものと、専門マーケットや高級性を対象とした業態という二極分化が進んでいくことになる。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

二極分化の関連情報