コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

規格化 キカクカ

4件 の用語解説(規格化の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きかく‐か〔‐クワ〕【規格化】

[名](スル)
製品の品質・形状・寸法などを規格に合わせて統一すること。「製品を規格化する」
思想や行動を画一的な型にはめること。「規格化された思考」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きかくか【規格化】

( 名 ) スル
規格(標準)に合わせて統一すること。 「製品を-する」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

規格化
きかくか

正規化、規準化ともいう。抽象的なベクトル空間ベクトルの大きさ(ノルムとよぶ)を1にするように適当な数(規格化定数という)を掛ける手続をいう。量子力学では、1個の粒子のふるまいを波動関数Ψ(x,y,z,t)で表すことが多いが、その場合|Ψ(x,y,z,t)|2dxdydzは、時刻tにその粒子を位置(x,y,z)のところの微小領域dxdydz内にみいだす確率に比例する。そこでこの確率を全空間で積分したもの

が1になるように、あらかじめ波動関数に適当な数を掛けておくと便利なので、この手続を規格化という。関数は、ヒルベルト空間とよばれる無限次元空間のベクトルの一つの表現とみなすことができるので、波動関数を使わない量子力学の一般的な形式でも、粒子のふるまいを表す状態ベクトルというものは、ノルムが1になるように規格化することが多い。多粒子系の場合でもまったく同様である。[小出昭一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の規格化の言及

【量子力学】より

…ただし,|ψt(r)|2dvを全空間にわたって寄せ集めた値は1になるようにしておくのである。必要ならψtの大きさを全空間で一定の倍率で縮小または拡大するわけで,これを規格化という。時刻tに観測が行われ,粒子が位置raに見いだされた上は,もう一度その直後に粒子の位置を観測するとraとほとんど違わない結果になる。…

※「規格化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

規格化の関連情報