コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活用語尾 カツヨウゴビ

デジタル大辞泉の解説

かつよう‐ごび〔クワツヨウ‐〕【活用語尾】

国文法において、用言語尾で、活用の際に語形変化をする部分。動詞では、「読む」の「む」(「ま・み・む・め」などと変化)、形容詞では、「寒い」の「い」(「く・い・けれ」などと変化)などの類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かつようごび【活用語尾】

用言が活用の際に語形を変える部分。例えば、動詞「書く」は、「書か・書き・書く・書く・書け・書け」と活用するが、語形を変える語尾の「か・き・く・く・け・け」の類。「生きる」「越える」など一段活用の動詞では、それぞれ「き・き・きる・きる・きれ・きろ」「え・え・える・える・えれ・えろ」を活用語尾とする。なお、カ行変格活用の動詞「来る」サ行変格活用の動詞「する」などは、全体が語形を変えるので、活用語尾だけをとりだすことができない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の活用語尾の言及

【活用】より

…さらに助動詞〈だ〉の各変化形を,それぞれ1単語(助詞)と考えることもできるが,各変化形の用法は動詞・形容詞の各変化形にほぼ一致し,各変化形を通じて意味上一貫性が認められるので,1個の活用系列中に収める。
[語幹と語尾]
 動詞・形容詞(および形容動詞)では一般に,交替の行われる音節以下を活用語尾,それに先だつ部分を語幹と呼ぶが,動詞のルレ添加型では,直前の1音節(考えルの〈え〉,試みルの〈み〉)までを語尾に含める習慣である。なお,見ル・出ル・来ル等では,ルの前が1音節にとどまるが,これらは語幹・語尾の別のないものという分類をうける。…

【語尾】より

…接尾辞と呼んでもよい。これには,それがつくと語幹(もしくは無活用の単語)が形成されることになる派生語尾と,単語の活用形が形成されることになる活用語尾とがある。派生語尾には常になんらかの意味が伴うといえるが,活用語尾にはなんらかの意味を伴うものとそうでないものがある。…

※「活用語尾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

活用語尾の関連キーワードをこと点∥乎己止点∥遠古登点弖爾乎波・天爾遠波乎己止点・乎古止点切れ字十八字御国詞活用抄カ行変格活用サ行変格活用下一段活用言語四種論上一段活用然りげ無いやしゃます不規則動詞形容動詞やしゃる何気無い然りげに人称語尾送り仮名なのです

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android