五十音図(読み)ごじゅうおんず

日本大百科全書(ニッポニカ)「五十音図」の解説

五十音図
ごじゅうおんず

50字の仮名を、縦に5字ずつ10行に並べた図表。

 古くは「五音」「五音五位之次第」などともよばれた。また、縦の5字を「行」とい、横の10字を「段(または列)」とい。古くは片仮名や万葉仮名で書かれるのが例であったが、近年では平仮名で書かれることも多い。

 五十音図は、原理としては、それぞれの仮名の発音のうち、子音要素の共通するものを行に、母音要素の共通するものを段にまとめたものである。したがって、本来は50の異なった発音を示しているべきであるが、現在では同音となって区別のないものも多く(イとヰなど)、音節の一覧表としては不十分なものとなっている。また、古くさかのぼっても、ヤ行のイ、ワ行のウなどは、ア行のものと別の音韻として存在したことは確かめられていない。しかし、日本語における各種の音韻変化や、活用形にみられる音韻交替(あ―あがさ、書ない、書ます等)を説明する表としてきわめて便利なものであり、現在でもヤ行・ワ行を改編した形で学校教育を中心として広く用いられている。さらに、仮名をすべて含んでいて体系的で記憶しやすいことから、辞典・名簿などで語の配列の基準(五十音順)として用いられている。

 現存する最古の五十音図は、醍醐(だいご)寺蔵の『孔雀(くじゃく)経音義』(平安時代末期写)に付記されたものである。これは行も段も現行の順序とは異なり「キコカケク」から始まっている。このように、古い時代のものは配列の順序が一定せず、現在の形に一定したのは南北朝時代以降のことである。なお、現在の順序は明らかに悉曇(しったん)章(サンスクリットの字母表)に基づくものであるが、五十音図の起源自体は、むしろ日本語の音韻表あるいは漢字音の反切(はんせつ)の便宜のためにつくられたものとみられている。成立年代は平安時代の初期であり、おそらく僧侶(そうりょ)の学問研究の世界で生まれたものであろう。

[近藤泰弘]

『大矢透著『音図及手習詞歌考』(1918・大日本図書/復刻版・1969・勉誠社)』『山田孝雄著『五十音図の歴史』(1938・宝文館)』『橋本進吉著『国語音韻の研究』(1950・岩波書店)』『馬淵和夫著『日本韻学史の研究』(1963・日本学術振興会)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「五十音図」の解説

ごじゅうおん‐ず ゴジフヅ【五十音図】

〘名〙 いろは四七字を縦五段、横一〇行のわくの中に、音韻上の性質から、子音を同じくするものを同行に、母音を同じくするものを同段に配置したもの。清音の直音音節を整理配列した、音節表と見ることができる。また、現代では、濁音半濁音拗音の表記を同様の行、段に配列して添えたものをもいう。
※通略延約弁(1834)(古事類苑・文学三)「さてのち顕昭法橋、仙覚律師など、五十音図にかけて古言をときけり」
[語誌](1)平安時代には単に「五音(ごいん)」といい、鎌倉時代の「悉曇輪略図抄」では「五韻十音図」といい、江戸時代初期の韻鏡刊本等には「五音拗直之図」とある。しかし、これらの時代を通じて「五音」が一般的で、近世、「五音図」とも呼ばれた。
(2)古くから仮名遣い、活用、語源などの説明に用いられてきた。平安時代中期にその起源はあり、悉曇学(しったんがく)の影響で成立したとも、漢字音の反切(はんせつ)のためにできたともいわれている。行段の順序は、当初一定していたわけではない。
(3)現存最古の音図は醍醐寺蔵「孔雀経音義(くじゃくきょうおんぎ)」に付記されたもので、寛弘元~長元元年(一〇〇四‐二八)頃成立した。「イ」「エ」はそれぞれア行とヤ行に両出し、「ウ」はア行とワ行に両出しているが、当時の音韻で両行の「イ」「ウ」「エ」に区別はなかったと見られる。「オ」と「ヲ」の発音は鎌倉時代に区別されなくなり、五十音図上で「オ」と「ヲ」とが誤って転換したものが江戸時代まで普通に用いられた。
(4)「ン」は図中に収められないが、現代では、これを張り出しわくに入れて示すことがある。最近では、ヤ行に「イ」「エ」を書き入れず、ワ行を「ワ」だけとし、または「ワイウエオ(ヲ)」のように改めたものがある。五音図。反音図。仮名反(かながえし)の図。五十連音図。五十音。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「五十音図」の解説

五十音図【ごじゅうおんず】

日本語の音節表の一種。古くは五音(ごいん),五音図とも称し,片仮名の場合が多かった。縦に5字ずつ,横に10字ずつ,計50字を収めた表。イ・ウ・エの3字は2度あらわれるので実質は47字。後に拗音(ようおん)や濁音を書き加えることもある。横の列(段)に同じ母音の音節を配し,縦の行に同じ子音または類似の子音を有する音節を配する。現存最古の音図は《孔雀経音義》に付載された11世紀初めごろの書写のもので,キコカケク・シソサセスのように,行も段も今とは異なっていた。現今の形は悉曇(しったん)の字母の順に従って整理したもので,鎌倉時代から見えるが,それ以後も不統一だった。ことにアイウエヲ・ワヰウヱオと誤った形が長く行われ,江戸中期に至って訂正された。五十音図の作られた目的については諸説あるが,仮名反(かながえし)(漢字の反切(はんせつ)を仮名によって解く法)のためとみる説が有力である。古くは音韻学の書にのみ見え,語の配列順に使用されたのは《温故知新書》(1484年成立)が最初であり,一般に普及したのは明治以後である。末尾に〈ン〉を加えるのは学習に便なため。→いろは歌
→関連項目濁音

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「五十音図」の解説

五十音図
ごじゅうおんず

日本語のモーラ列挙表示した図。かな書き (かつては片仮名 ) であるが,縦に同一ないし類似の子音をもったもの同士を並べて「行 (ぎょう) 」 (ア行など 10行) と呼び,横に同一の母音をもったもの同士を並べて「段」 (ア段など5段) または「列」と呼ぶ。現代日本語からみると,いわゆる濁音,半濁音,拗音,撥音促音が欠けていたり,同音の重複がある (ただし,新しくこれらの点を調整した表もあり,それも五十音図と呼ぶ) が,過去のある時代ではもっと音韻組織に合うものであったとみられる。しかし,現代語でも,活用などの形態音韻論的現象を説明するうえに便利である。また,この配列順 (五十音順) は現代の辞書・索引などの配列基準となっている。起源については,諸説があり,不明であるが,漢字の反切からとする説が有力で,悉曇 (しったん) の影響で現行の配列順序となったものと考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「五十音図」の解説

ごじゅうおん‐ず〔ゴジフオンヅ〕【五十音図】

五十音を、縦5字ずつ、横に10字ずつ配列した表。縦をぎょう、横をだんという。子音が同じものを同行に、母音が同じものを同段に配置。現代では、撥音の「ん」を末尾に示したり、濁音半濁音拗音ようおんの仮名を同様の行・段に配列して添えたりする。その起源は平安中期で、悉曇学しったんがくの影響で成立したとも、漢字音の反切のために作られたものともいわれる。
[補説]五十音図
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「五十音図」の解説

ごじゅうおんず【五十音図】

仮名5字ずつ1組を縦に1行とし,横に10組をつらねた,総数50の仮名をふくむ図。古くは,ただ〈五音(ごいん)〉とか,〈五音図〉〈反音図〉〈仮名反(かながえし)〉などとよび,江戸時代になって〈五十音〉の名がおこり,和風に〈いつらのこえ〉といったり,また〈五十聯音図〉などともいった。通常は図のように右から左に進むものとして書かれる。五十音図を横書きに書くことは,古くはほとんどなかった(ローマ字横書きの書物の中では,イエズス会士ロドリゲスの《日本小文典》中の五音のような横書例はみられる)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の五十音図の言及

【国語学】より

…それらは,直接,明治の国語学に摂取されて,その実質を形づくっている。
[国学以前]
 今日の五十音図の原形は,平安時代の中期から後期にかけて作られたと思われる。これは,それ自体,日本語の音韻組織を明らかにしたものであるとともに,いろいろと,後世まで,国語研究の基礎として利用された。…

※「五十音図」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android